いずれは人参

【いずれは人参】〜序章〜 二代目跡継ぎ失敗談。

スポンサーリンク

 

舞台となる会社

株式会社 一番興商

 

 

主たる業

運転代行業

一般乗用旅客自動車運送事業(タクシー)

一般貸切旅客自動車運送事業(バス)

 

 

 

主な登場人物

・代表取締役 社長=おやじ(以下、「おやじ」という)

・取締役 経理部長=おふくろ(以下、「おふくろ」という)

・専務取締役=えのかぷ(ちぼに)(以下、「おれ」という)

・管理部長=ぬべ(創業当初から社長の右腕)(以下、「ぬべ」という)

その他、ちらほら。

 

※登場する人物の一部及び施設等の名称は「仮名」です、。

 

 

 

 

「序章」

 

社員A 「また社長フィリピン行ったぜ。」

 

 

それはいつもの光景だった。ある日突然「ふっ」といなくなる社長。社員どころか、「おれ」や「幹部」までもが「あれ?社長は?」と思うと大体フィリピンに遊びに行っている。

社長不在の状態に気付いた時には既に数日経過しており、その後約1週間程度でフィリピンから帰ってくる。

そして今日はその「帰ってくる」日。

 

程よく日焼けして「セブ島」から帰ってきた社長は、良好な顔色とご機嫌な笑顔お満悦な様子。

 

「ほら、土産」

 

とドライマンゴーを会社のデスクに置いたその手に光るのは、「金色のロレックス」「金の色ブレスレット」そして、「ピカピカに磨かれた爪」は男のロマンそのものだった。

 

ロマンの足跡はまだ続く。ドライマンゴーの次に出てきたのは現地で撮影された写真。真ん中の豪華で大きな椅子にゆうゆうと腰かけているのは社長。両脇には現地の女。その周りには同行した各地の会社社長達。

 

おれ 「くそー羨ましい。俺も【いずれは】こうなるぞ!」

 

と、約2か月に1度、社長がフィリピン旅行(本人は仕事と言ってるが)に行って帰ってくる度に思ったものだ。

 

 

 

 

この物語は「いずれはお前は社長だ」「いずれはお前のものになる」「その時が来たらお前の好きなようにやれ。だから今は俺の言う通りに働け。」と、【いずれは】という【人参(男のロマンの塊)】を顔の前にぶら下げられ、その人参食べたさに「20代~30代の黄金期」を全て仕事に費やし捧げてきた結果、やっと手にした「いずれは人参」は「既に腐っていた」というお話です。

 

続く。

スポンサーリンク

-いずれは人参
-, , , , , ,

© 2022 簡単FX「みんなでFXやろう」 Powered by AFFINGER5