FXスキル

値動きを読み取る「相場分析」手法の一つ、「ファンダメンタルズ分析」とは?

スポンサーリンク

ちぼにだ。

 

FXで勝率を上げる方法として「相場分析」というものがあって、大きく二つに分けると「テクニカル分析」と「ファンダメンタルズ分析」だという事は前回解説した通りだが、今回はそのうちの「ファンダメンタルズ分析」をもう少し細かく解説していこう。

 

まず、ファンダメンタルズ分析もいくつか種類がある。以下の通りだ。

 

●通貨政策

いわゆる「ドル高」「ドル安」だ。米国の方針によって変動し、トレンドを長く継続させる事が多い。

 

 

●貿易収支

日本の貿易黒字が増えれば円高、逆に貿易黒字が縮小、赤字に転換すれば円安になる傾向がある。

 

 

●景気

米国の景気動向がキモとなる。特に米国の雇用情勢が悪化するとドル安(円高)になる傾向がある。逆に雇用情勢が改善するとドル高 (円安) になる傾向がある。あと、日本の景気動向については為替レートに大きな影響は及ぼす事はあまり無いので、それほど気にする事はないだろう。

 

 

●物価

「米国の物価高」=「金利上昇要因」。逆に、日本の物価が落ち着いていれば米ドルが買われる場合もあるが、「物価上昇は景気制御」という見方から米ドルが売られることもあある。

 

 

●金利

基本的に両国の金利差が拡大すれば、金利水準の高い国の通貨が買われる傾向がある。

 

 

●その他

テロ・戦争・経済危機などによる突発的な要因

 

一つ一つを細かく解説していくと長くなるためザックリと解説したが、大体こんなものだ。チャート

スポンサーリンク

-FXスキル
-, , , , , , , ,

© 2022 簡単FX「みんなでFXやろう」 Powered by AFFINGER5