時事ネタ

【次はカビ?】【フェイクではないか】政府配布の布マスクに「汚れ付着」「虫や髪の毛が混入」。次は「カビ」だが、、、、。

スポンサーリンク

ちぼにだ。

 

政府が配布を始めた布マスクに「汚れ付着、虫・髪の毛混入」はご承知の通りだと思うが、今度は「カビだらけ」のマスクが届いたそうだ。

 

メモ

新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、政府が配布を進める布マスクに、虫が混入するなど不良品が相次いで確認されている。厚生労働省は18日、妊婦向けの布マスクのうち1901件について不良品の事例を発表し、21日に妊婦向けマスクの配布中止を決定。しかし、政府のマスク等物資対策班の関係者によると、18日時点で全戸配布用に準備していたマスクでも不良品が発見されており、これについては公表していない。政府の衛生面での認識が問われるとともに、全戸配布のスケジュールにも影響しそうだ。

政府の対策班に配られた内部文書によると、18日時点で妊婦向け以外の全戸配布用に包装を始めた200万枚のうちでも、虫や髪の毛、糸くずの混入、カビの付着など200件の異物混入などの問題事例を確認。これについては公表しなかった。マスク配布を担当する厚労省経済課は、妊婦向け以外の不良品を非公表とした理由について「回答できない」とし、全戸向けのマスク配布については「現時点で中止は検討していない」としている。  (抜粋)
https://mainichi.jp/articles/20200421/k00/00m/040/185000c

 

どう考えても「売れない布マスクの在庫処分」としか考えられないだろう。これで「400億円」とか、さすがにこれはあり得ないのではないか。利権絡みとはいえ、もう少しまともな仕事をしてもらいたいものだ。

と文句を言いたいところだが、実はこの「カビマスク」。どうも「フェイク」ではないか?とネット上では議論が繰り返されている。というのも、政府から配られているマスクと、今回のカビマスクが「フェイク」ではないか?と、根拠となる画像を元に指摘があるからだ。以下を見てくれ。

 

 

 

このマスクが政府から届いたマスクらしい。画像のマスクの「縫い目」に注目だ。次に、問題となっている「カビマスク」の画像がこれだ。

 

 

 

 

この画像も「縫い目」に注目してほしい。

見ての通り「縫い目のデザインが違う」のだ。しかも、もし仮に「カビマスク」として本当に配布されたとしたら、もっと「うちにも届いた!」という報告が上がってきても良いはずなのだが、おかしな事に報告はコレ一件だけ。

 

怪しいよな。

 

可能性として、「ポストに届いたマスクに気づかず先日の雨で濡れてしまい、天気が良くなったせいで通気性の悪いポストの中で濡れたマスクが高温となりカビが発生した」という事も考えられなくもない。その結果、当事者がポストの中のマスクに気付いた時には「カビていた」という事なら、「フェイク」とまではいかないのかもしれないが、ただ、画像のような状態で送られてくる事は「さすがのボンクラ政治家」でもやらないだろうと思う。腐っても、ここは日本だからな。

 

しかし、一方でこんな意見もある。

 

 

「「カビマスク」とか「遺物混入」とか不良品は事前に自治体が検品して除外してるから、「カビマスクの配布」はあり得るんじゃない?」

 

 

だ。その根拠となるソースがコレ。

 

メモ

妊婦向けの布マスク 不良品6700枚に 原因調査

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、政府が妊婦向けに配布を始めた布マスクから不良品が見つかった問題で、不良品の数が6700枚まで増えていることがわかりました。布マスクの大半は東南アジアや中国で作られたものだということで、政府は衛生管理に問題がなかったかなど詳しい原因を調べています。

妊婦向けの布マスクの配布は今月14日から全国の市町村に合わせて50万枚が発送されましたが、自治体側から「汚れがついている」といった報告が相次ぎ、厚生労働省は今月17日夜の時点で1900枚余りの不良品が見つかったと発表しました。

関係者によりますと、その後も相次いで見つかり、20日夕方時点で、117の市町村から報告が寄せられ、不良品の数は合わせておよそ6700枚にまで増えているということです。

布マスクの大半は政府から受注した日本の複数の企業が、東南アジアや中国の工場に発注して生産されたものだということです。

厚生労働省の幹部は「マスクは口に触れるもので、不良品が含まれている時点で大きな問題だ」としていて、政府は、現地の生産現場の衛生管理に問題がなかったかなど、詳しい原因を調べています。

一方、政府は全国すべての世帯に2枚ずつ配布する布マスクについては不良品が発送されないよう確認を徹底することにしています。(抜粋)

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200421/k10012397691000.html

 

「カビマスク」は実際に国から配布されていて、各戸配布前に自治体が検品して防いでいる。

 

のか、

 

「カビマスク」はフェイク、「遺物混入、汚れ付着」に留まっている。

 

のか。

 

さて、一体「何が本当」なのだろうか。

 

まぁ、いずれにしても「ゴミマスク」送り付けてきてる事に変わりはないがな。

 

 

以上だ。

スポンサーリンク

-時事ネタ
-, , , , , , , , , ,

© 2022 簡単FX「みんなでFXやろう」 Powered by AFFINGER5