FXスキル

で、結局「何を基準」に取引すればいいの?って話。

スポンサーリンク

ちぼにだ。

 

さて、当サイトの「スキル」で最低限の知識がついたところで、「いろいろあるけど、結局「何を基準」に取引すればいいの?」って話をする。

と言っても、「勝つ」為の手法は「短期~中期~長期」によって、それぞれトレード方法も分かれる為一概には言えないが、「とりあえずコレ」というものを「ちぼにの見解」で解説しよう。

一番簡単で初心者向け、かつ、基本中の基本なのが「トレンドフォロー手法」による「押し目買い(戻り売り)」だ。押し目買い(戻り売り)とは以下の通りだ。

トレンドが発生している中で一時的な相場の上昇、下落のタイミングを狙って取引を行うことを「押し目買い」、「戻り売り」といいます。

解りやすくチャートで説明しょう。例えば、以下のような相場の時で、トレンドが上昇中である事が確認できた時、赤丸の部分で買いを入れる事を「押し目買い」と言い、これが逆に下がっている場合が「戻り売り」だ。

 

狙うタイミングとしては、下の画像の黄色い枠」の状態になっている通貨だ。オススメの通貨は「USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USD」等が良いだろう。各通貨の4時間足を確認していき、黄色い枠に合致する通貨があったらスタンバイだ。

 

そして、価格が上がってきて一つ目の押し目ができたら、まず見送るのだ。そのまま下がる場合があるからな。

画像の場合は「一つ目の押し目」に赤丸がついているが、「押し目買いの特徴」を解説する為の画像だから間違えるなよ。

買い方は以下の画像だ。

 

もう一度言うが、この方法は「初心者向け」だからな。トレンドの確認も移動平均線のみで判断しだだけのため、「上昇トレンド」である確率は低めだ。2つ目、3つ目の後に下がるケースもある事を頭に入れておけ。

慣れてきてトレンド確定の確率を上げたい場合は、複数の環境認識手法を重ね合わせるのが良いだろう。

 

では、取引するまでの流れを解説するぞ。以下の通りだ。

 

トレンドを見極める

最初の環境認識として、まずはトレンドを見極める必要がある。トレンドは4時間~1日の長期足で分析するのだ。

トレンドの見極め方としてオススメなのがこれだ。移動平均線を使ってトレンドを見極める、一番シンプルで簡単な方法だ。

 

 

エントリーポイントを探す

押し目買い(戻り売り)を狙えるエントリーポイントを探すぞ。

オススメ通貨の「USD/JPY、EUR/JPY、GBP/JPY、AUD/USD」のチャートをそれぞれ確認し、

黄色い枠の状態になっている通貨を探すのだ。

 

 

対象の通貨を見つけたら待機

黄色い枠の状態にある通貨を見つけたら、しばらく待機だ。最安値から一つ目の押し目を確認したら、二つ目の押し目を狙っていくぞ。

 

 

利確、損切ラインの確定

二つ目の押し目でエントリーしたら、利益確定と損切を決めるぞ。「どこまで上がる」か、「どこで下がる」かを予測する方法は多数あるが、ここでは初心者向けに「直近高値」と「直近安値」を目安にするぞ。以下の画像の通りだ。

 

 

後は放置でOK。大体の流れはこんな感じだ。トレンドフォロー手法は初心者からプロトレーダーまで幅広く扱っている手法だ。ただ、初心者とプロとでは

  • トレンドの見極めが甘い為、逆行して損切。
  • 騙しに合う回数が多い。
  • 資金管理(リスクリワード)ができていない。

など、大雑把ではあるが大きな違いがあるため、

 

「プロも使ってるならイケるじゃん」

 

とか勘違いするなよ。この違いはとても大きく、その差は額で言えば「億単位」と言っても過言ではないだろう。

というのも、例えば今回の「押し目買い」は初心者向けの簡単な解説だが、「より高度なエントリー」となると「前回高値を抜けた後、一度「前回高値」まで戻って、また上がってからエントリーする」ような方法を取る事になる。

 

こんな感じだ。もちろん、前回高値を超えてそのまま一気に上がる場合もあるが、それは「結果論」であって、先が見えない状態では「値下がりする可能性(青ライン)」を「少しでも回避してからエントリーする」方が勝率が上がるというわけだ。

 

ちなみに、おすすめ通貨の中に含まれている「GBP/JPY」はボラティリティ(値動き幅)が高いため短期間での取引に向いているが、逆を言えば「ハイリスク・ハイリターン」な「一発ドカン」が起こりやすいためロットには注意しろよ。この一発ドカンで引退していく初心者がどれだけ多いことか。

間違っても狙っちゃダメだ。

 

諸々よく頭に入れておけ。

 

 

以上だ。

 

スポンサーリンク

-FXスキル
-, , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 簡単FX「みんなでFXやろう」 Powered by AFFINGER5